株の基礎知識

株式投資初心者ための基礎知識 PER(ピーイーアール)とは?

株初心者さんでも、PER(ピーイーアール)という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

なんとなく、値が小さければいいのかなという知識はあるもののどうやって使ったらいいのか、いまいちはっきりしない方もいるのではないでしょうか?

今日はなんとなくの知識がクリアに理解できるように株の基本の基本 PERについて説明します。

 

みーちゃん
みーちゃん
株で儲けるためには、基本が重要だにゃ!

 

PER(ピーイーアール)とは、株価÷1株当たり純利益(EPS)である

株式投資初心者のためのPER(ピーイーアール)の基本

PERとはPrice Earnings Ratioの略語で、日本語では株価収益率と呼びます。会社の利益と株価の関係を示していて、株価が割高なのか割安なのかを測ることができる指標です

 

PER(ピーイーアール)= 株価÷1株当たり純利益(EPS)

※EPS(イーピーエス)とは、「1株当たり純利益」のこと。

 

この計算式から分かるように、株価に対してEPSの割合が大きいとPERは小さくなり、小さいとPERは大きくなります。

PER(ピーイーアール)の平均は15倍

PERの平均値は一般的には15倍と言われています。

PER15倍より小さければ割安、15倍より大きければ割高と判断します。

PERが10倍以下の割安の時に株を買って平均値あたりで利確する。この方法が株初心者にとってやりやすい投資かもしれません。

ただ実際には、このPERの平均値は業界にとって異なる傾向があるので少し注意が必要です。

業界の平均値のPERについてはまた別途記事を書きたいと思います。

まずは、PER平均は15倍と覚えておきましょう!

PER(ピーイーアール)を猫の日常で説明します!

 

みーちゃん
みーちゃん
ちょっとまだピンときていない方のために、分かりやすいたとえ話で説明するにゃ!
しゅー君
しゅー君
おいらにもわかるように説明してくれー
みーちゃん
みーちゃん
ではではさっそく質問です。
カリカリAが6000円、カリカリBが3000円の値段で売っていました。メーカーは違うけど成分はほぼ同じなカリカリです。どちらがお得ですか?

カリカリ=猫のドライフード。

カリカリ

出典 : ロイヤルカナン

しゅー君
しゅー君
そりゃ安い方がいいよね。お小遣い少ないし。カリカリB!
みーちゃん
みーちゃん
ぶっぶーーーー。不正解! 「今の段階ではどちらがお得か判断できません!」が答えです。
しゅー君
しゅー君
なんだよ。。。引っかけかよ。。。。
みーちゃん
みーちゃん
ごめんにゃ。。。説明用にわざと引っかけたにゃ。
この段階ではカリカリA,Bそれぞれ何gか分からないから答えようがないはず。。。
しゅー君
しゅー君
ちっ。。。。。。
みーちゃん
みーちゃん
では再度問題です。
先ほどのカリカリA(6000円)には400グラムはいっていて、カリカリB(3000円)には150グラムはいっています。さてどちらがお得でしょうか?
しゅー君
しゅー君
えーっと、

カリカリAの値段(6000円)÷グラム数(400g)で、1グラム当たり15円。
カリカリBの値段(3000円)÷グラム数(150g)で、1グラム当たり20円。

だから。。。。

カリカリAがお得だにゃ!

みーちゃん
みーちゃん
せいかーーーーい!よくできました!

 

今の話をまとめると、

カリカリの値段 = 株価

カリカリのグラム数 = 1株当たり純利益(EPS)

カリカリ1グラム当たりの金額 = PER

になります。

カリカリの値段を見るのではなく、カリカリの1グラム当たりの金額を見る。

株価ではなく、PERを見る。

今回はこれを覚えましょう。

まとめ

今回理解おきたいのは

  • 株の割高&割安は、株価ではなくPERで確認。
  • PERの平均値は15倍。ただし業界により平均値は異なる傾向があるので注意。
  • PER=株価÷1株当たりの純利益(EPS)

です。

みーちゃん
みーちゃん
テストにでるよ。まずこの3つは暗記してね!