株の基礎知識

PERが高くても買いたい!成長株で割安な銘柄を見つける指標 PEGレシオがおすすめ!

株価が割安かどうかの判断基準のPER。

PERが10倍以下の割安株を見つけて購入(もちろん業績が良いもの)すれば、大きな損をしにくいので初心者にはおすすめです。

関連記事はこちら。

株式投資初心者ための基礎知識 PER(ピーイーアール)とは? 株初心者さんでも、PER(ピーイーアール)という言葉を聞いたことがあるかもしれません。 なんとなく、値が小さければいいのか...

ただ、PER10倍以下の株の場合、上昇が地味なケースが多いのが現実です。

情報通信系などの人気の成長株は、PERが30倍、40倍、50倍でも買われて株価が急上昇していくことも多いです。こういう銘柄はPER10倍以下ではまず見つかりません。

今日は、初心者さんのステップアップの知識として、成長株の割安度を判断する指標「PEGレシオ」に関するお話です。

みーちゃん
みーちゃん
PERについてしっかり理解できている人のためのステップアップの知識だにゃ!

PER(ピーイーアール)とは?

今期のPER = 現在の株価÷1株益(今期の予想値)

でしたね。

この式からわかるように、PERは今後の成長率を考慮されない計算式になっています。

年間5%の成長率の会社も、年間30%の成長率の会社も、どちらもその時の今期の1株益(予想値)で計算しているので、その後の未来の成長は無視した値になっています。

—– PERのみで比較してみると —–

ココアちゃん
ココアちゃん
私の会社Aは、PER10倍。年間成長率は5%よ。
しゅー君
しゅー君
僕の会社Bは、PER20倍。年間成長率は、30%だぞ。

PERだけ見ると、PER10倍のココアちゃんの会社Aの株の方が割安に見えます。

復習!!! PERの平均値は、15倍。それ以下だと割安。それ以上だと割高。

PEGレシオ(ペグレシオ)とは?

では次に、成長率を考慮した指標であるPEGレシオというものを使用します。

PERレシオ=PER÷年間成長率

で計算します。

—– では、先ほどの会社AとBをPEGレシオで比較してみると —–

ココアちゃん
ココアちゃん
私の会社Aは、PER10倍。年間成長率は5%よ。だから、PEGレシオは、10/5=2.0倍だにゃ。
しゅー君
しゅー君
僕の会社Bは、PER20倍。年間成長率は、30%だぞ。だから、PEGレシオは、20/30=0.67倍だにゃ。

PEGレシオで割安度はどのように判断するのか?

PERレシオは、平均値が1.5倍です。

1.0~1.5倍以下が割安、1.5倍以上が割高と判断されます。

今回の例でいうと、PERで見ると会社Aの方がPER10倍で割安、会社BがPER20倍で割高。でも、PEGレシオで見ると、会社Aは2.0倍で割高。会社Bは0.67倍で割安となります。

成長性が期待できる成長株は、PEGレシオで判断

PER、PEGレシオのどちらが良いかという話ではなく、うまく両方を使いこなすことをお勧めします。

ココアちゃん
ココアちゃん
私の会社Aは、PERでは割安。成長率を考慮したPEGレシオでは、割高。
しゅー君
しゅー君
僕の会社Bは、PERでは割高。成長率を考慮したPERレシオでは、割安。

成長性が期待できる銘柄は、ほとんどの場合人気がありPERが大きくなっていることが多いです。そんな時でも投資対象から外すのではなく、PEGレシオを計算してみることをお勧めします。PERレシオ1.0以下の割安株だったら、買う候補として検討してみてもいいかもしれません。

みーちゃん
みーちゃん
PERとPEGレシオを両方をうまく使いこなそう!

具体的にどのようにPEGレシオを計算するのか?

PEGレシオを自分で計算する方法

PERレシオ=PER÷年間成長率

なのですが、”年間成長率”の計算が人によって異なるようです。私は四季報の2期分の予想値の平均値を用いて計算しています。

年間成長率  =  (今期の経常利益の成長率 + 来期の経常利益の成長率) ÷ 2

*今期の経常利益の成長率 = (今期の経常利益÷前期の経常利益-1)*100
*来期の経常利益の成長率 = (来期の経常利益÷今期の経常利益-1)*100

楽天証券でPEGレシオを確認する方法

楽天証券ならばPEGレシオを確認することが可能です。私が自分で計算した値と異なっていたので、おそらく年間成長率の計算式が異なるのかと思いますが、参考にできると思います。

スクリーニング機能もあるので、PEGレシオ1.0倍以下で銘柄を探すことも、もちろん可能です。ぜひ活用してみてください。

出典:楽天証券

まとめ

  • PERの平均値は15倍。それ以下(もしくは10倍以下)ならば割安。それ以上ならば割高。
  • 成長率を考慮した指標PEGレシオの平均値は、1.5倍。それ以下(もしくは1倍以下)ならば、割安。それ以上ならば割高。
  • 成長株の場合、PERが割高でも買うチャンスあり。成長株にはPEGレシオが便利。
みーちゃん
みーちゃん
PEGレシオ、使いこなせるようになると良い成長株に出会えるかもにゃ。